WORK PLACE

働く環境

KDDIには、社員の個性や力を活かすための様々な制度があります。
社員にとって働きやすい環境をつくる取り組みを行っています。

人財育成制度

KDDIが事業ビジョンと目指すべき世界を実現するためには、事業基盤の強化に加えて、情報通信を核としたKDDIならではの新たな価値創造へのチャレンジが不可欠です。KDDIでは、入社から3年目までを社会人・KDDIパーソンとしての基礎づくりの期間と考えています。 最初の1年目研修で社会人・KDDIパーソンとしての基礎を学び、配属後の2年目研修では仕事の進め方・思考の基礎である「論理的思考」 を中心に身につけ、さらに3年目研修では、行動力を伴ったより実践的なスキルに高めていきます。KDDIの人財育成の考え方は、受け身ではなく「自らを成長させ、変革の担い手となりたい」という強い思いを持った人財に対し、より自身を伸ばしていける成長の場として、各研修プログラムを用意しています。

人財育成の考え方

01
入社時研修

入社後は、『入社時共通研修』と『お客さま体感研修』の2種類の研修プログラムを経て、本配属となります。まず、社会人としての自覚を持ち、 KDDI社員に求められる考え方・意識、行動、知識を理解し身に付けることを目的とした『入社時共通研修』、そして、営業現場での業務を通じて「お客さま視点」を養うことを目的とした『お客さま体感研修』を実施しています。また、Eラーニングシステムを使って業務知識や通信技術について学んだり、先輩社員との交流会、通信ネットワーク設備及び施設の見学なども実施しています。

閉じる
02
新卒2年目研修

入社2年目の社員を対象に、論理的思考法を身に付け、業務のスピードアップと確実な成果につなげることを目的とした研修を実施します。議論の内容分析と整理・論点明確化の方法、問題の全体像把握、原因追究など筋道を立てて考える力となるロジカルシンキングを実践形式で習得します。

閉じる
03
新卒3年目研修

入社3年目の社員を対象に、新卒2年目研修終了以降から現在の自身の成長を認識するとともに、論理的思考力を強化し、更に周囲に対して論理的に説明出来るようロジカルコミュニケーション力を身に付けます。

閉じる
04
キャリアアップ研修

主任から課長補佐への昇格を見捉え、課長補佐に求められる組織的な問題解決力を身に付けます。

閉じる
05
共通スキル研修

役職・事業部・地域などを問わず、どのような仕事の場面でも必要となるスキル(交渉力・プレゼンテーション・コーチングなど)を身に付けます。

閉じる
06
ジョブローテーション制度
(専門領域を跨ぐ人事異動)

自らのキャリアを棚卸しした結果をジョブローテーションに反映し、複数の専門分野を経験しながらプロフェッショナル人財への基礎を身に付けるとともに、自らの適性を見極めます。そして、その後はこれまでのキャリア形成の中で獲得した「専門性」をさらに磨いていきます。

閉じる
07
セルフキャリアプロデュース制度
(通称SCAP「エスキャップ」)

自らのキャリアビジョンや適性を考え、自ら希望する部署に応募し、一定の審査を経て異動することができる制度です。KDDIではチャレンジ精神溢れる人財を尊重し、自らの能力を最大限に活かせる"活躍の場"と"チャンス"を提供します。

閉じる
08
海外留学制度

会社事業に貢献するための能力向上、関係分野における人脈形成のために、海外の大学や研究機関、その他の団体等へ、毎年社員を派遣しています。1年をかけて専門領域の研究や人脈形成のために渡航する「専門留学」と、1~4ヶ月の間、グローバルビジネスで必要なスキルや理論を学ぶ「ビジネス留学(大学派遣)」があります。ビジネス留学のプログラムでは、新たにインターンシップ(留職プログラム)を追加し、より実践的なビジネススキルと経験を身に付ける機会を提供しています。

【体験談】
氏名  :八木沢 大樹
部署名 : コンシューマ事業本部
入社年度:2006年
海外留学制度で行かれた国及び滞在期間:
米国(3ヶ月)
写真中央:八木沢
※写真中央:八木沢

海外留学への志望動機について聞かせてください

最新の商品やサービスはAppleやGoogle,Amazonを筆頭にグローバル企業からの発信となっている事が多く、他社に先んじるには、これらのパートナーとの連携やリレーション強化が不可欠です。私の上司や先輩は、英語を駆使し体当たりで人間関係を構築する事で、パートナーとの関係を一から作ってプロジェクトを推進しており、将来私も彼ら同様海外パートナーと対等に渡り合える人財に一刻も早くなりたいと考え、英語やグローバルマインドを学べる海外留学を志望いたしました。

海外留学で得られたもの、帰国後、仕事の進め方にどう影響したか

私にとっての普通は、普通ではない。という事を学びました。私の留学先のクラスには欧州、南米、アジアを中心に8ヶ国から生徒が来ていました。宗教や言語、育った環境、価値観がまったく異なるメンバーで授業のグループワークを進めます。主張の強いメンバーのため、話が纏まらなかったのですが、全員の意見を聞き出した上で再度議論すると、スムーズに合意形成を図る事ができました。この時、肌で学んだ以下3点については、海外の人とディスカッションする際に必ず実行するようにしています。

  • ・参加メンバーをできるだけ意思決定に参加させること
  • ・相手の文化・価値観をリスペクトすること
  • ・必ず声に出して話し合うこと

KDDIの海外留学制度について

3ヶ月の派遣期間で何ができるの?と思いになるかもしれませんが、これを活かすかどうかは自分次第です。実際、3ヶ月は一瞬で過ぎ去りますが、派遣までの事前研修中に留学の同期とみっちり勉強します。英語に密に関わる期間は合計で約9ヶ月に及びますので、英語力は必ず上がります。派遣期間の3ヶ月では日本で経験できない事、例えば、宗教観やライフスタイル、考え方の違いを肌で体験できるため、グローバル人財として成長できる制度です。

また、留学の最高の財産として、国内外のたくさんの仲間ができます。「世界のどこかで、同じ時を共にした仲間が頑張っている」こう思うと、自分ももっと頑張らないと!と日々思えますので、多くの人に活用してほしいと考えています。

閉じる
09
海外トレーニー制度

グローバル感覚に優れた人財の育成を目的とした制度です。海外拠点での営業活動、営業・技術支援などの実務経験を通じて、多様な価値観や異なるビジネス習慣の中でも円滑に業務を遂行できる能力を磨きます。

【体験談】
氏名  :清水 翔太
部署名 :経営管理本部
入社年度:2010年
海外トレーニーとして行かれた国及び滞在期間:
香港(11ヶ月)、北京(1年)
写真中央:清水
※写真中央:清水

海外トレーニーへの志望動機について聞かせてください

入社後、海外企業との新規ビジネス協業などを経験し、KDDI事業を更に成長させるためには20代でグローバルで働く力を身につける必要があると感じました。
ただ、海外企業との協業時は語学含め外国人とのコミュニケーションの取り方が分からず、上司に頼りっぱなしで悔しい思いをしていました。
聞いてみると、上司の方々も20代でトレーニー経験や独学での勉強等努力しており、私も早いうちにグローバル業務力を身につけ、会社を成長させるためのグローバル事業にも貢献出来るようになりたいと思い、トレーニー制度を志望いたしました。

トレーニー先で得られたもの、また、それは、帰国後、仕事の進め方にどう影響したか

「続ける力」「自ら考えて行動する力」が特に身に着きました。
トレーニーで海外赴任後、毎日出社前に英語、中国語の勉強を実施する事で続ける力が身に着き、語学力が向上しました。結果、外国人スタッフとのコミュニケーションも活発に行え、業務の幅も広がりました。それ以降、何か成し遂げようとする際にはすぐに成果が出なくとも、焦らずにコツコツと続ける事を心がけています。

また、海外では日本と比較して「誰かが何かを与えてくれる」という事が少ないので、主体的に行動しないと何も得る事が出来ません。
仕事面では「自ら考えて、提案する」点を心がける事で外国人スタッフとの信頼関係を築く努力をしました。
プライベート面でも自ら外国人コミュニティに属し、他国の考え方を学び、グローバル感覚を身に着けました。

現在はIR室に所属しておりますが、業務上必要となる英文会計の勉強を日々続ける事、仕事に新しい付加価値が与えられるように自ら考えて行動する事を心がけております。

KDDIの海外トレーニー制度について

KDDIの海外トレーニー制度は入社後一定の年次を対象に、グローバル感覚を身に着けるための人財育成制度であり、年間約10人程度が原則2年間、世界各地の拠点で現地の外国人社員と共に働きます。
KDDIでは、グローバル力向上を最大化させるために、現地派遣1ヶ月前から語学の事前研修を実施し、派遣後業務に少しでもスムーズに入れるように取り組んでおります。
私自身も海外トレーニー派遣前は海外在住経験もなく、語学も得意ではありませんでしたが、海外トレーニー制度を通して、語学力の向上に加え、外国人と協働する術を学ぶ事が出来ました。
語学に自信がなくとも、KDDIで積極的にチャレンジをして、グローバルビジネスを拡大したいという方におすすめの制度です。

閉じる
10
自己申告・キャリア面談

年に一度、これまでのキャリアを振り返るなど、現在の自分を見つめ直し、目標・ありたい姿に近づくための具体的な計画を立てる自己申告を実施しています。また、申告内容を上司と共有し、キャリアプランを相談する機会も設けています。

閉じる
11
グローバルビジネス研修及び自己研鑚支援

グローバル人財の育成を目的とし、ビジネスに通用する語学力の向上、異文化理解や技能の充足・向上を図るための育成研修を実施しています。また、社員の自己研鑚を支援するため受験料補助や情報提供も行っています。


①グローバルビジネス研修 ★ 海外赴任前語学研修
★ グローバル人財育成研修

②自己研鑚支援 ★ TOEIC対策講座案内
閉じる
12
共通スキル研修

階層別研修とは別に、自身の業務を遂行する上で必要となる知識・スキルを体系・網羅的に学べる研修です。

★ 問題解決研修  ★ リーダーシップ研修

閉じる
13
ICT研修

通信サービスを提供する上で必要となる知識・スキルの習得を目的とした研修です。営業職の方にも参加していただける初歩的なコースも用意しています。部署単位での研修として利用する他、個人での申し込みも可能です。

★ IPとサーバの基礎  ★ ネットワーク(Cisco)  ★ サーバ(Linux)
★ SIPなど

閉じる
14
資格取得支援

業務に必要な国家資格や、民間認定資格の取得を奨励することを目的として、受験費用・補助金の支援などを実施しています。

【国家資格】電気通信主任技術者、情報処理技術者、無線技術士・通信士など
【民間認定資格】CISCO、Microsoft MCF、Oracle Master DB、Java Programmer、LPIC、CompTIA、ITIL、PMI、MCPC、Androidアプリケーション、HTML5プロフェッショナルなど

閉じる
15
フィロソフィ勉強会

KDDIフィロソフィは、KDDIのミッション、目指す姿、仕事をする上で大切にする考え方を示したもので、KDDI社員の基盤となっています。
フィロソフィの理解を深め、実践するために、全社員が参加する勉強会を年間を通して開催しています。勉強会では、年齢や役職、部署の異なる社員同士が対話し、役員講話や社内事例をもとに活発な意見交換を行っています。

閉じる

能力開発のための人財育成プログラム

01 入社時研修

入社後は、『入社時共通研修』と『お客さま体感研修』の2種類の研修プログラムを経て、本配属となります。まず、社会人としての自覚を持ち、 KDDI社員に求められる考え方・意識、行動、知識を理解し身に付けることを目的とした『入社時共通研修』、そして、営業現場での業務を通じて「お客さま視点」を養うことを目的とした『お客さま体感研修』を実施しています。また、Eラーニングシステムを使って業務知識や通信技術について学んだり、先輩社員との交流会、通信ネットワーク設備及び施設の見学なども実施しています。

02 新卒2年目研修

入社2年目の社員を対象に、論理的思考法を身に付け、業務のスピードアップと確実な成果につなげることを目的とした研修を実施します。議論の内容分析と整理・論点明確化の方法、問題の全体像把握、原因追究など筋道を立てて考える力となるロジカルシンキングを実践形式で習得します。

03 新卒3年目研修

入社3年目の社員を対象に、新卒2年目研修終了以降から現在の自身の成長を認識するとともに、論理的思考力を強化し、更に周囲に対して論理的に説明出来るようロジカルコミュニケーション力を身に付けます。

04 キャリアアップ研修

主任から課長補佐への昇格を見捉え、課長補佐に求められる組織的な問題解決力を身に付けます。

05 共通スキル研修

役職・事業部・地域などを問わず、どのような仕事の場面でも必要となるスキル(交渉力・プレゼンテーション・コーチングなど)を身に付けます。

06 ジョブローテーション制度(専門領域を跨ぐ人事異動)

自らのキャリアを棚卸しした結果をジョブローテーションに反映し、複数の専門分野を経験しながらプロフェッショナル人財への基礎を身に付けるとともに、自らの適性を見極めます。そして、その後はこれまでのキャリア形成の中で獲得した「専門性」をさらに磨いていきます。

07 セルフキャリアプロデュース制度(通称SCAP「エスキャップ」)

自らのキャリアビジョンや適性を考え、自ら希望する部署に応募し、一定の審査を経て異動することができる制度です。KDDIではチャレンジ精神溢れる人財を尊重し、自らの能力を最大限に活かせる"活躍の場"と"チャンス"を提供します。

08 海外留学制度

会社事業に貢献するための能力向上、関係分野における人脈形成のために、海外の大学や研究機関、その他の団体等へ、毎年社員を派遣しています。1年をかけて専門領域の研究や人脈形成のために渡航する「専門留学」と、1~4ヶ月の間、グローバルビジネスで必要なスキルや理論を学ぶ「ビジネス留学(大学派遣)」があります。ビジネス留学のプログラムでは、新たにインターンシップ(留職プログラム)を追加し、より実践的なビジネススキルと経験を身に付ける機会を提供しています。

写真中央:八木沢
※写真中央:八木沢
【体験談】
氏名  :八木沢 大樹
部署名 : コンシューマ事業本部
入社年度:2006年
海外留学制度で行かれた国及び滞在期間:
米国(3ヶ月)

海外留学への志望動機について聞かせてください

最新の商品やサービスはAppleやGoogle,Amazonを筆頭にグローバル企業からの発信となっている事が多く、他社に先んじるには、これらのパートナーとの連携やリレーション強化が不可欠です。私の上司や先輩は、英語を駆使し体当たりで人間関係を構築する事で、パートナーとの関係を一から作ってプロジェクトを推進しており、将来私も彼ら同様海外パートナーと対等に渡り合える人財に一刻も早くなりたいと考え、英語やグローバルマインドを学べる海外留学を志望いたしました。

海外留学で得られたもの、帰国後、仕事の進め方にどう影響したか

私にとっての普通は、普通ではない。という事を学びました。私の留学先のクラスには欧州、南米、アジアを中心に8ヶ国から生徒が来ていました。宗教や言語、育った環境、価値観がまったく異なるメンバーで授業のグループワークを進めます。主張の強いメンバーのため、話が纏まらなかったのですが、全員の意見を聞き出した上で再度議論すると、スムーズに合意形成を図る事ができました。この時、肌で学んだ以下3点については、海外の人とディスカッションする際に必ず実行するようにしています。

  • ・参加メンバーをできるだけ意思決定に参加させること
  • ・相手の文化・価値観をリスペクトすること
  • ・必ず声に出して話し合うこと

KDDIの海外留学制度について

3ヶ月の派遣期間で何ができるの?と思いになるかもしれませんが、これを活かすかどうかは自分次第です。実際、3ヶ月は一瞬で過ぎ去りますが、派遣までの事前研修中に留学の同期とみっちり勉強します。英語に密に関わる期間は合計で約9ヶ月に及びますので、英語力は必ず上がります。派遣期間の3ヶ月では日本で経験できない事、例えば、宗教観やライフスタイル、考え方の違いを肌で体験できるため、グローバル人財として成長できる制度です。

また、留学の最高の財産として、国内外のたくさんの仲間ができます。「世界のどこかで、同じ時を共にした仲間が頑張っている」 こう思うと、自分ももっと頑張らないと!と日々思えますので、多くの人に活用してほしいと考えています。

09 海外トレーニー制度

グローバル感覚に優れた人財の育成を目的とした制度です。海外拠点での営業活動、営業・技術支援などの実務経験を通じて、多様な価値観や異なるビジネス習慣の中でも円滑に業務を遂行できる能力を磨きます。

写真中央:清水
※写真中央:清水
【体験談】
氏名  :清水 翔太
部署名 :経営管理本部
入社年度:2010年
海外トレーニーとして行かれた国及び滞在期間:
香港(11ヶ月)、北京(1年)

海外トレーニーへの志望動機について聞かせてください

入社後、海外企業との新規ビジネス協業などを経験し、KDDI事業を更に成長させるためには20代でグローバルで働く力を身につける必要があると感じました。
ただ、海外企業との協業時は語学含め外国人とのコミュニケーションの取り方が分からず、上司に頼りっぱなしで悔しい思いをしていました。
聞いてみると、上司の方々も20代でトレーニー経験や独学での勉強等努力しており、私も早いうちにグローバル業務力を身につけ、会社を成長させるためのグローバル事業にも貢献出来るようになりたいと思い、トレーニー制度を志望いたしました。

トレーニー先で得られたもの、また、それは、帰国後、仕事の進め方にどう影響したか

「続ける力」「自ら考えて行動する力」が特に身に着きました。
トレーニーで海外赴任後、毎日出社前に英語、中国語の勉強を実施する事で続ける力が身に着き、語学力が向上しました。結果、外国人スタッフとのコミュニケーションも活発に行え、業務の幅も広がりました。それ以降、何か成し遂げようとする際にはすぐに成果が出なくとも、焦らずにコツコツと続ける事を心がけています。

また、海外では日本と比較して「誰かが何かを与えてくれる」という事が少ないので、主体的に行動しないと何も得る事が出来ません。
仕事面では「自ら考えて、提案する」点を心がける事で外国人スタッフとの信頼関係を築く努力をしました。
プライベート面でも自ら外国人コミュニティに属し、他国の考え方を学び、グローバル感覚を身に着けました。

現在はIR室に所属しておりますが、業務上必要となる英文会計の勉強を日々続ける事、仕事に新しい付加価値が与えられるように自ら考えて行動する事を心がけております。

KDDIの海外トレーニー制度について

KDDIの海外トレーニー制度は入社後一定の年次を対象に、グローバル感覚を身に着けるための人財育成制度であり、年間約10人程度が原則2年間、世界各地の拠点で現地の外国人社員と共に働きます。
KDDIでは、グローバル力向上を最大化させるために、現地派遣1ヶ月前から語学の事前研修を実施し、派遣後業務に少しでもスムーズに入れるように取り組んでおります。
私自身も海外トレーニー派遣前は海外在住経験もなく、語学も得意ではありませんでしたが、海外トレーニー制度を通して、語学力の向上に加え、外国人と協働する術を学ぶ事が出来ました。
語学に自信がなくとも、KDDIで積極的にチャレンジをして、グローバルビジネスを拡大したいという方におすすめの制度です。

10 自己申告・キャリア面談

年に一度、これまでのキャリアを振り返るなど、現在の自分を見つめ直し、目標・ありたい姿に近づくための具体的な計画を立てる自己申告を実施しています。また、申告内容を上司と共有し、キャリアプランを相談する機会も設けています。

11 グローバルビジネス研修及び自己研鑚支援

グローバル人財の育成を目的とし、ビジネスに通用する語学力の向上、異文化理解や技能の充足・向上を図るための育成研修を実施しています。また、社員の自己研鑚を支援するため受験料補助や情報提供も行っています。

①グローバルビジネス研修
★ 海外赴任前語学研修
★ グローバル人財育成研修
②自己研鑚支援
★ TOEIC対策講座案内

スキル開発のための自己啓発支援

12 共通スキル研修

階層別研修とは別に、自身の業務を遂行する上で必要となる知識・スキルを体系・網羅的に学べる研修です。

★ 問題解決研修
★ リーダーシップ研修

13 ICT研修

通信サービスを提供する上で必要となる知識・スキルの習得を目的とした研修です。営業職の方にも参加していただける初歩的なコースも用意しています。部署単位での研修として利用する他、個人での申し込みも可能です。

★ IPとサーバの基礎
★ ネットワーク(Cisco)
★ サーバ(Linux)
★ SIPなど

14 資格取得支援

業務に必要な国家資格や、民間認定資格の取得を奨励することを目的として、受験費用・補助金の支援などを実施しています。

【国家資格】電気通信主任技術者、情報処理技術者、無線技術士・通信士など
【民間認定資格】CISCO、Microsoft MCF、Oracle Master DB、Java Programmer、LPIC、CompTIA、ITIL、PMI、MCPC、Androidアプリケーション、HTML5プロフェッショナルなど