WORK PLACE

働く環境

KDDIには、社員の個性や力を活かすための様々な制度があります。
社員にとって働きやすい環境をつくる取り組みを行っています。

ダイバーシティ

Work With Pride Gold 2016

KDDIは「KDDIフィロソフィ」の第一章「目指す姿」の一項として「ダイバーシティが基本」を掲げ、性別・年齢・国籍・障がいの有無・信仰、性的指向など、多種多様な価値観をお互いが尊重し理解しあうことが、KDDIの持続的成長に不可欠であるととらえています。
また、社長を推進の最高意思決定者として、人事部内にダイバーシティ推進室を設置、女性活躍、多様な働き方、障がいのある社員の活躍、LGBTへの理解促進など全社的に取り組んでいます。

女性社員の活躍促進

KDDIは、女性が経営の意思決定に参加することを経営戦略のひとつとしてとらえています。
役員およびライン長の評価項目に人財育成、指導への取り組みを加え、
女性活躍推進をはじめとしたダイバーシティ推進を経営課題であると明確に位置付けています。
女性の活躍を支援するための様々な制度の構築と併せて、
2012年からは女性リーダーの育成・登用に注力し、女性ライン長登用プログラムを実施しています。
社内で女性活躍推進が進むことによって、異なる価値観が有機的に機能し、
新たなダイバーシティ&インクルージョンへの広がりが見えてきています。

KDDIの取り組みは、さまざまな社外評価を受けています。
経済産業省と東京証券取引所が積極的に女性活躍推進に取り組む上場企業を共同で選定・公表する「なでしこ銘柄」に2012年度から4年連続で選定されています。
また、経済産業省が主催する、ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を表彰する「新・ダイバーシティ経営企業100選」や、総務省が実施する、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等を公表する「テレワーク先駆者百選」にも選定されています。

NADESHIKO BRAND 2015

外国人社員の活躍促進

KDDIでは、外国籍社員の採用と活躍支援に力を入れています。情報通信分野における市場環境は、技術革新やグローバル規模での競争の激化、多様なプレイヤーの参入などを受け、急速な勢いで変化しています。KDDIはこれらの変化をチャンスととらえ、「もっと身近に!」「もっといろんな価値を!」「もっとグローバルへ!」という3つのビジョンを掲げ、これらを実現できる人財を国籍問わず必要としています。
そして、日本人社員と外国籍社員が相互に理解しあい、好影響を与えられるよう、異文化理解向上のための機会創出など、これから様々な施策に取り組んでいきます。

障がいのある社員の支援

障がいのある社員全員を対象として会社生活などに関するアンケート調査を行い、アンケートで出た意見をもとに、それぞれの職場へのヒアリング、環境改善への取り組みなど活躍支援のための施策に役立てています。また、全社員が受講するE-learningにて、障害者差別解消法で定めている禁止事項等を学び、併せて、同法律に関する社内相談窓口の周知をする等、環境整備にも努めています。

2014年11月、一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム(Accessibility Consortium of Enterprises(ACE))が主催する「第1回 ACEアワード」で、KDDI社員がグランプリを受賞しました。ACEアワードは、企業で活躍する障がい者のロールモデルを表彰する制度で、グランプリを受賞した三原毅は直営ショップである「au NAGOYA」に勤務しており、障がい者の視点から新たなサービスや障がい者の領域を創出し、企業の認知度向上や販路拡大に貢献していることが高く評価されました。

LGBTに関する理解向上と、個々を尊重した職場環境づくり

KDDIでは、性別、年齢、国籍などと併せて性的指向による理由で不当な差別や個人の尊厳を傷つけない旨、「KDDI行動指針」として企業HPに掲載し、広く社内外に周知しているほか、社員向けの「LGBT」理解に向けたセミナーや研修の開催、採用活動におけるエントリーシート内の性別記載欄廃止などの取り組みを行っています。これらの取り組みが評価され、2016年10月、日本で初めてとなる、企業内での性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」における最高位「ゴールド」を受賞しました。