PROJECT

KDDIのプロジェクト紹介

第5世代モバイル・ネットワーク「5G」研究 第5世代モバイル・ネットワーク「5G」研究

調査分析から研究開発、実用化までを一貫して進め、未来社会に必要となる次世代技術を創出するKDDI総合研究所では、第5世代モバイル・ネットワーク、いわゆる「5G」の研究がすでに開始されています。LTEの次を担うモバイル・ネットワークの研究はどのように行われ、我々にどんな未来をもたらすのでしょうか?

  • 柴山 昌也

    柴山 昌也
    KDDI総合研究所
    無線通信方式グループ/
    KDDI 次世代ネットワーク
    準備室(兼務)

  • 梅原 雅人​

    梅原 雅人​
    KDDI総合研究所
    無線通信方式グループ

  • 伊藤 智史​

    伊藤 智史​
    KDDI総合研究所
    無線プラットフォームグループ

2020年をひとつの大きなターゲットとして設定し、そこまでの実用化をめざしています。 2020年をひとつの大きなターゲットとして設定し、そこまでの実用化をめざしています。

まだ4G LTE開始からも間もないようにも感じますが、もう5Gの研究が始まっているのですね。

柴山/ はい。技術の世界では5Gはもう始まっています。現在は基地局メーカーや端末メーカー、通信事業者が集まった標準化会合で5Gについて議論し、規格の標準化を進めている段階ですね。5Gと4G LTEは想定される商用サービスが大きく違うのが特長でもあります。4G LTEは3Gからスループットが上がり、より大きなデータを得られるという点が真価でしたが、5Gでは大容量化のほかにも新しい軸が2つあるんです。そのひとつがIoT分野で活かされるであろう「たくさんつなげる」という軸。そしてもうひとつが医療機器や自動運転などの分野での活用が予想される「確実につなげる」という高信頼、低遅延をめざす軸です。

梅原/ 時期としては、2020年をひとつの大きなターゲットとして設定し、そこまでの実用化をめざしています。ただし、5Gと一言に言っても要求仕様のすべてが一度に実用化されることはなく、徐々に5Gの機能が発揮されていく形になると予想されます。

そういった5Gの研究や標準化に向け、皆さんはどのような活動をされているのでしょうか?

柴山/ 我々は来る5G時代に向け、通信キャリア目線で見たときに必要になる無線に関する要素技術研究や、エンドユーザーの使用を考慮した実証実験を行っています。そういったプロジェクトの中で、私自身は、本社5G検討部門との調整とグループにおける5G無線検証のリーダーとして担当者をまとめる仕事をしています。

梅原/ 実証実験を通じた海外の協力会社さまの5G技術の把握、及びそれを用いてKDDIがめざす5Gサービスのエリア設計に関する情報をまとめることが私の役割です。また、新しい無線通信方式に関する要素技術の研究も行っており、学会での発表を通し、KDDI総合研究所の技術力をアピールするとともに技術の標準化をめざした活動も行っています。

伊藤/ 私の役割は、これまで電波伝搬の研究を行っていた経験を活かして、5G技術検証のための実験計画を作成し、測定を実施、得られたデータを分析することです。今後は実験などを通して得られた知見を活かして、5Gにおける伝搬技術やエリア品質向上のための研究に役立ていきたいと考えています。

柴山/ 最終的にはサービス開始後、"auの5Gネットワークはダントツ!"となることをめざしています。

5Gの検証や研究において、これまでの4G LTE等と違う難しさはあるのでしょうか?

柴山/ 先ほどIoTの例を挙げましたが、5Gの通信は対人に限りません。そのため様々な業界の企業さまと連携し取り組んでいく必要があり、会社を超えた連携をスピーディにおこなう必要がある点が難しい点です。また5Gは必要とされる通信量や通信の質も様々で、必要な技術がユースケースにより変わってきます。様々なケースを想定した実証実験が必要になるのが4G LTEと違う点ですね。

梅原/ 大容量化をめざす5Gで使用が見込まれる周波数帯は、今までの移動体通信で使われているものに比べると遠くまで飛ばない、回り込まないなど、LTEで使用している周波数帯とは逆の特性を持っている曲者でした。そのため、実証実験の試験項目を作成する際に、どのくらい飛ぶのか、どのくらい反射や回り込みをするのかということはもちろん、この曲者を活かす技術・ユースケースを考える必要がありました。また、海外の協力会社さま各社で仕様の異なる機器に対して、どんなパラメータがあるか、どう調整したらどれくらい機能的かを正確に把握する必要があることも難しいハードルのひとつです。

伊藤/ そういったこれまでの電波と比べて飛ばない、回り込まないといった特徴を考慮し、基地局アンテナの種類や配置などを最適化するための今までとは異なったエリア設計指針が必要になってくると考えています。

5Gは必要とされる通信量や通信の質も様々で、必要な技術がユースケースにより変わってきます。 5Gは必要とされる通信量や通信の質も様々で、必要な技術がユースケースにより変わってきます。

これからが5Gプロジェクトの本番だと思いますが、
意気込みを聞かせてください。

伊藤/ 商用化に向けて明らかにしなければならないことが何かを考え、そのために必要な準備に最大限取り組み、実証実験を遂行することが求められていると思います。また5Gプロジェクトは、非常に沢山の人が関わっているので、自らが主体となって周囲の人を巻き込んでいける能力がいっそう必要になると考えています。大きな目標のために、コツコツと努力を重ねて最後までやりぬけるように取り組んでいきたいです。

梅原/ 自分が今後の5Gの一部を考えていく役割を担っているというのは、技術者としてとてもうれしいことです。プロジェクトメンバー全員がそれぞれスキルや能力を持っている一方で、めざす方向がばらばらとなってしまっては、望んでいたスピード感や成果自体が失われてしまいますので、共通の目標に向かって一丸となってやり抜く意識を持っていきたいですね。

柴山/ 困難なことがあるから、我々が必要であり、他社のネットワークと差がつくと思っています。仕事の抜け漏れをフォローするジブンゴト化、スピード感を持ちより精度の高い仕事をする、今以上に知恵を絞る、ということが必要だと思います。そして、目標に向け同じベクトルを持ち、時には愚痴の言い合えるチームで、5G時代のKDDIの礎を担っているということを肝に命じ頑張っていきます。

5G時代のKDDIの礎を担っているということを肝に命じ頑張っていきます。 5G時代のKDDIの礎を担っているということを肝に命じ頑張っていきます。

2020年を一つの目標として、世界中をつなぐ新しいモバイル・ネットワークである5Gを研究するという大型プロジェクトに従事するKDDI総合研究所の皆さん。これまでのネットワークとは違う特性に苦心しながらも、その研究は技術者冥利につきると笑顔を見せてくれました。まさに今未来を創っている、そんな実感を持てる仕事にあなたも挑戦してみませんか?

※掲載されている情報は、撮影当時のものとなります。

プロジェクト紹介一覧