CORPORATE

KDDIの企業情報

国内通信事業の
持続的成長

「ID×ARPA」の最大化へ

基盤事業である国内通信事業では、引き続き、国内事業の成長戦略を推進していきます。スマートデバイスのさらなる浸透、IoT(Internet of Things)の取り組み強化、新たな体験価値の創造などにより、ID(お客さま数)とARPA(お客さま1人当たりの売上)の最大化を図ります。また、企業のお客さまには、真のビジネスパートナーとして、お客さまのビジネスに貢献できるご提案をしてまいります。

au経済圏の最大化

通信企業から「ライフデザイン企業へ」

auの3,900万のお客さま、1,500万超のauスマートパス会員、2,500のauショップ、そして決済プラットフォームなどを基盤に、通信サービスだけではなく、食品・日用品の販売、生命保険・損害保険・住宅ローンといった金融商品、さらに、電気サービスや決済などの領域においても、成長・拡大を進めてまいります。KDDIは、お客さまのライフステージに応じた、さまざまな商品・サービスを提供することで、通信企業から「ライフデザイン企業」への変革を推進します。

グローバル事業の
積極展開

コンシューマ事業の成長加速とICT事業の安定成長

グローバルコンシューマ事業では、ミャンマーやモンゴルで、お客さまから選ばれ続ける現地No.1の通信事業者を目指します。また、グローバルICT事業では、世界13の国・地域、24都市、48拠点において、「TELEHOUSE」ブランドで展開するデータセンター事業を推進。法人のお客さまのニーズに応じた接続性の高いプレミアムデータセンター事業者として、事業の拡大を目指してまいります。

事業領域

KDDIのさまざまな事業領域を紹介します

個人向けサービス 個人向けサービス

FOR CONSUMERS

個人向けサービス

一人ひとりの生活をもっと自由に--「あたらしい自由。」

ネットとリアルの融合により、日常をもっと便利で楽しく豊かに。auなら、一人ひとりの好みに合わせてデバイスを選び、いつでもどこでも最適なネットワークを通じて、あらゆるコンテンツをお楽しみいただけます。

いつでも、どこでも、快適に

auは、プラチナバンド800MHz帯による「au 4G LTE」サービスの実人口カバー率99%*1に加え、高速通信技術の一つである「キャリアアグリゲーション(CA)」を導入し、広くて高速なモバイルネットワークを実現しています。さらに、超高速通信を可能にする最新技術の「4×4MIMO」(アンテナの数を従来の2倍に増やすことで通信の高速化を図る技術)とCAの組み合わせにより、受信最大590Mbps*2の高速通信を実現しています。また、お客さまからの電波改善のご要望は、「電波サポート24」というアフターサービスで対応しており、お客さまのご自宅に伺って電波調査や改善策の提案を行うほか、技術部門と連携し、通信品質のさらなる向上に取り組んでいます。

*1 「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出
*2 東京都、愛知県、大阪府の一部のエリアで提供中

自宅のネット回線とセットでau携帯電話がお得

「auスマートバリュー」は、auスマートフォンやauケータイと、対象の固定通信サービスまたはauスマートポート(Speed Wi-Fi HOME L01)をセットでご加入いただくことで、auスマートフォンなどのご利用料金が割り引きになるサービスです。固定通信サービスは、「auひかり」をはじめ、提携の光インターネットサービスや、全国の提携ケーブルテレビ事業者147社245局*から、お住まいのエリアに合わせてお選びいただけます。単身世帯のお客さま向けには、WiMAX2+ルーターとセットでご加入いただくことでauスマートフォンなどのご利用がお得になる「auスマートバリューmine」をご用意しています。サービス内容もお客さまのライフスタイルに合わせて拡充し、ご好評をいただいております。

* 2017年3月17日現在

auのサービスで、お得に、楽しく、安心なスマホライフ

「auスマートパス」は「アプリが使い放題」「クーポンなどのおトクな会員特典」「スマホやデータなどを守るあんしん」などがご利用いただけるサービスです。2017年1月からは、「auスマートパスプレミアム」を提供開始しました。「auスマートパス」提供のサービスに加え、月曜日から日曜日まで、毎日使えるおトクな日替わり特典「auエブリデイ」や、安心・安全サービスも充実しています。他にも、映画やアニメなどが見放題の「ビデオパス」、最新曲から懐かしのヒット曲まで聴き放題の「うたパス」、電子書籍が読み放題の「ブックパス」、ディズニーコンテンツが使い放題の「ディズニーパス」、気になるニュースが簡単に読める「ニュースパス」といったさまざまなサービスを提供しています。

auとつきあうと、イイコト。--「au STAR」

KDDIは、auをご利用いただいているすべてのお客さまに感謝の気持ちを込めて、会員制プログラム「au STAR」を提供しています。「au STAR」は、auのお客さまであればどなたでもご登録いただける、無料の会員制プログラムです。auショップでの優先予約が可能になる「au STAR パスポート」や、auを長くご利用いただいているお客さまに、auのご利用年数とデータ定額料に応じて「WALLETポイント」をプレゼントする「au STAR ロイヤル」、一年中イイコトに出合える「au STARギフト」の、3つの会員専用の特典をご用意しました。本プログラムを通じ、「auを使っていて良かった」と感じていただけるさまざまな体験価値を提供していきます。

毎日をもっと便利に、もっと楽しく--「auのライフデザイン」

通信サービスだけでなく、決済、お買い物、電気、金融など、日常の生活を支えるさまざまなサービスを提供。ネットとリアルを融合し、お客さま一人ひとりに寄り添いながら、お客さまの生活をもっと豊かに便利にする、さまざまなバリューをお届けします。

ポイントが貯まって使えるおトクな「au WALLET」

「au WALLETプリペイドカード」は、世界中のMasterCard®加盟店で利用できるプリペイド式の電子マネーカードです。電子マネーのご利用や、au携帯電話などの毎月の通信料金のお支払い金額に応じて「WALLET ポイント」が貯まり、「ポイントアップ店」では、さらに多くのポイントが貯まります。ポイントは、次回以降の買い物や、毎月の通信料金等のお支払いにもご利用いただけます。さらに、au携帯電話などの毎月の通信料金のお支払いに設定すると、ポイントがダブルで貯まるなど、よりお得で便利な「au WALLET クレジットカード」、「au WALLET ゴールドカード」もご用意しており、お客さまのライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

生活をより豊かに彩るauのショッピングサービス

「au WALLET Market」は、日常生活をより豊かにする"ちょっといいもの"をお届けするショッピングサービスサイトです。auショップでは、商品のご購入をスタッフがお手伝いしますので、ネットショッピングが初めてのお客さまにも安心してご利用いただけます。また、「Wowma!」は、人気・話題のファッション・コスメ・グルメ・日用品などがそろった総合ショッピングモールサイトです。いずれのサイトも「WALLET ポイント」でのお支払いが可能で、お買い物の合計金額に応じたポイントをプレゼントするなど、お客さまにご満足いただけるお買物体験を提供しています。

生活・家計をサポート--「auのほけん・ローン」

「auのほけん・ローン」は、ネットとリアルが融合した新たな金融サービスです。「auの生命ほけん」は、シンプルな保障内容、お手頃な保険料の定期死亡保険や終身医療保険などを提供。他にも自転車向け保険や旅行保険など、日々の生活をカバーする「auの損害ほけん」、さらに、「auのローン」では魅力的な金利に加え、保証料や一部繰上返済手数料などが無料の「au住宅ローン」を提供しています。また、有資格者による電話でのサポートや、店頭での対面サポート*も行っています。

* 店舗での対面サポートは、一部のauショップに限る。

auスマホなどとセットでおトクに--「auでんき」

「auでんき」は、auケータイ、auスマートフォン、または「auひかり」をご利用のお客さま向けに提供する電気サービスです。auケータイ、auスマートフォンまたは「auひかり」と合わせてご利用いただくことで、毎月の「auでんき」ご利用料金に応じてお得になる「auでんきセット割」が適用されます。さらに、「auでんきアプリ」(無料)では、電気料金の予測や省エネに役立つ情報が、簡単にご確認いただけます。

* 沖縄県・一部離島を除く。

いつもの暮らし、ちょっと便利に。--「auHOME」

KDDIは、ホームIoTサービス「au HOME」の提供を、「auひかり」をご利用のお客さま向けに、2017年7月下旬から開始しました。センサーやネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」をご購入いただくことで、外出先でもドアの鍵・窓の開閉状況を確認できる「あんしん」、自宅にいる家族・ペットと外出先からコミュニケーションできる「たのしさ」、「au HOMEアプリ」で一元的に管理できる「べんり」を、基本利用料月額490円でお気軽にお楽しみいただけます。2017年秋以降、家電の遠隔操作をはじめ、次々と利用シーンを拡大していきます。

企業向けサービス 企業向けサービス

FOR BUSINESS

企業向けサービス

お客さまのビジネスに貢献する「真のビジネスパートナー」に

KDDIは、変化を続ける市場環境に応じて、さまざまなパートナー企業と連携し、お客さまのビジネスに貢献するサービス・ソリューションをワンストップで提供します。

変化するビジネスに最適なICTインフラ

KDDIは、変化の激しいビジネス環境を支えるICTインフラをお客さまのビジネスニーズに合わせて構築します。ネットワーク、モバイル、クラウド、音声といった豊富なサービスをワンストップで提供し、お客さまのビジネス環境整備を支援します。お客さまは、KDDIが持つさまざまなソリューションを組み合わせシームレスにご利用いただくことで、安心、安全なICTインフラと、ストレスフリーなビジネス環境を実現いただけます。常にお客さまの視点に立ち、「何がお客さまのビジネスにとって最適解であるか」を考え、その実現を支援するソリューションを提供します。

IoTでビジネスの発展を

KDDIは、IoTビジネス環境の構築においても、ご利用目的に応じたサービス・ソリューションを提供することで、さまざまなニーズにお応えしています。例えば、センサーからクラウド、データ表示機能までワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド Standard」や、アジャイル開発手法によりお客さまのIoTサービスやシステムの企画から構築・リリースまで責任を持ってサポートする「KDDI IoTクラウド Creator」では、お客さまがビジネスを進めやすい仕組みを構築しています。さらに、トイレ関連の顧客満足度を高める「KDDI IoTクラウド〜トイレ空室管理〜」「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」や、新しいビジネスチャンスのヒントを見つける「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」のような、既成の概念にとらわれない、今までにない新しいサービスを提供し、お客さまのビジネスの広がりに貢献していきます。

中小企業のお客さまへのビジネス支援

KDDI まとめてオフィス グループ各社は、au携帯電話や固定電話などKDDIの通信サービスはもちろん、PCや複合機の導入、レイアウトの変更、災害対策など、オフィスに必要なものをまとめて提供しています。例えば、社有車を保有しているお客さまには、事故リスク低減や車両管理にかかる負荷軽減に役立つ通信機能付きのカーテレマティクス「まとめてくるまティクス」をご提案し、お客さまの業務効率化をサポートしています。KDDIは、ICT環境の整備を通じて、オフィスの効率性向上やコスト削減、業務環境の変革を実現し、全国の中小企業のお客さまのビジネスを支援していきます。

お客さまのビジネス変革を全力でサポート

KDDIは、ICTソリューションでの支援に加え、新規事業の創出、共創するソリューションにも取り組んでいます。例えば、マンションデベロッパーのお客さまには、通信だけでなく「じぶん銀行 住宅ローン」「auでんき」などをご提案するなど、分譲マンションの付加価値向上と、ご購入者の満足度向上に取り組んでいます。このようにKDDIグループのアセットをフル活用し、お客さまの目指すビジネスゴールの実現のために、最適なソリューションを提供します。KDDIは、ビジネス成果を生み出す「ビジネスパートナー」として、お客さまの事業発展に貢献していきます。

海外事業の展開 海外事業の展開

FOR GLOBAL BUSINESS

海外事業の展開

豊かなコミュニケーション社会を世界に

KDDIは、日本の国際通信のパイオニアとして蓄積してきた実績とノウハウを活用し、高い信頼性と高品質なデータセンターを中核としたICTソリューションの提供に加え、近年では、海外におけるコンシューマビジネスにも積極的に取り組み、世界各国の経済成長や国民生活の向上に貢献しています。

海外でのコンシューマ事業への取り組み

KDDIは、国内外で培った携帯電話、固定通信、インターネットなどの通信サービス全般の事業経験とノウハウ、信頼の技術力をもとに、新興国をはじめとする海外のお客さまへの取り組みを積極的に進めています。

2014年に住友商事、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT*)との共同事業で参入したミャンマー通信事業では、2017年に4G LTEサービスを本格的に展開し、成長著しいミャンマーにおけるNo.1総合通信事業者としてネットワークの拡大・品質向上に取り組んでいます。

また、1995年には、モンゴルのMobiCom Corporation LLCに設立当初から出資し、2016年3月に連結子会社化しました。モンゴルにおけるNo.1総合通信事業者として、お客さまに喜ばれる通信サービスを提供しています。

KDDIは、今後も通話・通信品質の向上やエリアカバレッジの拡大などに取り組み、参入国の経済発展に貢献するとともに、新たな成長市場に参入することで確実な事業成長を実現していきます。

* Myanma Posts and Telecommunications

世界トップレベルの高品質なICTソリューション

KDDIは、データセンター、クラウド、ネットワーク、アプリケーション、セキュリティー、マネージドサービスなど、お客さまの業務に最適なソリューションをワンストップで提供しています。海外でのビジネス立ち上げに不可欠なグローバルネットワークの構築から、オフィス内IT環境の運用・保守まで、世界100以上の拠点で、現地事情・商慣習を熟知した現地スタッフによるサポートが可能です。

また、データセンター「TELEHOUSE」は、13の国と地域、24都市、48拠点*に展開しています。約30年の運用経験に基づく信頼性とサービス品質に加え、世界有数のIX(インターネットエクスチェンジ)・通信事業者・クラウド事業者等が集積している高接続性が高く評価され、グローバルビジネスのプラットフォームとして多くのお客さまにご利用いただいています。2016年に開業した「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」では、最高レベルのエネルギー効率が評価され、「2017 Data Centre Solution Awards」の「Data Centre Energy Efficiency Project of the Year」を受賞しました。

* 2017年3月現在

600社以上の海外通信事業者とのパートナーシップ

KDDIは、日本を代表する通信事業者として、60年以上培ってきた600社以上の海外通信事業者との強いリレーションを活かし、国際音声トラヒックのホールセール(卸売り)などを行っています。

また、世界の通信事業者と協力して、全世界の国・地域に向けて国際電話サービスを提供しています。国内のau携帯電話からは、指定された国・地域への国際通話がお得にご利用いただける「au国際通話定額」を提供しています。

さらに、au携帯電話を海外でもご利用いただける「au世界サービス」においても広いカバレッジを実現しており、対象の国・地域で日本と同じようにデータ通信が24時間定額で使える「世界データ定額」を提供しています。

CSR活動 CSR活動

FOR SOCIETY

CSR活動

豊かなコミュニケーション社会の発展に向けて

KDDIは、4つのCSR重要課題「安定した情報通信サービスの提供」「安心・安全な情報通信社会の実現」「多様な人財の育成による活力ある企業の実現」「地球環境保全への取り組み」を掲げ、課題解決に向けた取り組みを進めています。

24時間365日、安定した通信サービスを提供

KDDIは、社会インフラを担う通信事業者として、24時間365日、いかなる状況においても、安定した通信サービスを提供する責務があります。災害に強い設備の導入、継続した災害対策訓練の実施、役員による輪番勤務体制など、大規模災害発生時のあらゆる事態を想定して準備と対策を日々実施し、いかなる状況の中でも安定した通信サービスを提供できるよう、通信ネットワークの整備・強化とともに、災害からの早期復旧を可能とする種々の対策を講じていきます。

災害発生時におけるauの通信エリア確保の取り組み

災害発生時、通信手段を確保するため、陸路が使える場合は「車載型基地局」、陸路が使えず海が使える場合は「船舶型基地局」、どちらも使えない場合に「無人航空機型基地局」が出動し、一時的な通信エリアの確保が行えるよう取り組んでいます。

安心・安全に向けた取り組み

KDDIは、子どもたちがトラブルに巻き込まれることなく通信サービスを安心・安全に利活用できるよう、サービスや商品開発、啓発活動の側面から、さまざまな取り組みを行っています。全国の学校などへ出向き実施している「KDDIスマホ・ケータイ安全教室」は、2017年3月末までに累計2万回以上を数え、受講者数は370万人を超えました。また、シニア世代の方に、スマートフォンやタブレット端末を安心・安全にご利用いただき、防災対策などにもご活用いただくための教室も開催しています。

D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)推進

KDDIは、「KDDIフィロソフィ」で目指す姿の一項目に「ダイバーシティが基本」を掲げています。性別・年齢・国籍・障がいの有無・性的指向・信仰など、多様な個性や価値観を互いが尊重し、理解し合うことが、会社の持続的成長に不可欠であると明記しています。2017年度からは、多様な人財が互いに認め合いながら共に活躍できるよう、D&I推進に取り組んでいます。その中でも、女性リーダーを育成・登用する取り組みは社外からも評価をいただき、経済産業省と東京証券取引所が共同で女性活躍推進に優れた上場企業を選定する「なでしこ銘柄」に、2013年から5年連続で選定されました。また、障がい者、LGBTの活躍支援も推進し、誰もが働きやすく活躍できる職場環境を整備しています。

地球環境保全への取り組み

KDDIは、2017年度から2030年度までの第4期環境保全計画「KDDI GREEN PLAN 2017-2030」を策定しました。本計画では、「地球温暖化対策」「循環型社会の形成」「生物多様性保全」の3つを重点課題とし、具体的目標を定めるとともに、これらの目標を実現するため、自社の環境負荷低減のほか、社会の環境負荷低減に寄与するICTサービスの提供、お客さま・社員と取り組むさまざまな環境保全活動を推進しています。

研究開発 研究開発

RESEARCH & DEVELOPMENT

研究開発

コミュニケーションの未来を育む「R&D」

KDDIは、あらゆる人・モノ・情報を最良の通信手段で結ぶ理想のコミュニケーション環境の実現を目指し、最先端の情報通信技術の調査・研究開発、コンサルティングなどを行っています。

期待を超える価値提供と快適なユーザー体験を目指して

KDDIでは、コンテンツのリッチ化、急速なマルチデバイス化の普及、すべてのモノがインターネットでつながるといった環境の変化を見据え、お客さまにとって安心・安全なコミュニケーション環境、さらには、お客さまの期待を超える多様な価値や驚きの未来を、日常生活のさまざまな場面でご利用いただけるサービスの提供を通じてお届けできるよう、最先端の研究開発に取り組んでいます。

<最近の研究成果>

マルチコア・マルチモード光伝送技術

第5世代移動通信システムでは、無線技術だけでなく、光ファイバー網の収容能力(周波数帯域の効率)も高める必要があります。KDDI総合研究所では、64値直交振幅変調方式のマルチコア・マルチモードファイバー(19コア6モード)伝送に、雑音の影響を極力抑えることで、世界で初めて成功しました*。達成した周波数利用効率947b/s/Hzは、4Gモバイル通信で用いられているLTEの約60倍です。

* 2017年5月現在

次世代公開鍵暗号の安全性評価と世界記録の達成

暗号技術は、安心・安全な通信を支えるために不可欠な技術です。IoT機器の広がりや暗号解析に使用するPCの高性能化に伴い、より高速で安全な暗号技術が必要になります。有力候補である格子暗号の安全性評価のため、世界的な暗号解読コンテンストが開催されています。現在、インターネットで広く使われているRSA暗号も、同様のコンテストを通じて世界中の研究者が安全性を検証し、急速に普及が進みました。KDDI総合研究所では、早くから格子暗号の研究開発に取り組んでおり、安全性評価のため九州大学と共同研究で、格子暗号の安全性の基礎となるlearning with errors(LWE)問題の独自の解読方法を確立しました。効率的な探索処理とクラウドPC20台を用いた並列処理により、世界で初めて60次元のLWE問題を16日で解読し、安全な暗号を設計するための重要な知見を得ました。

東松島におけるスマート漁業実験でのスマートブイ運用技術

IoT技術による漁業の効率化が期待される中、KDDI総合研究所では、漁場付近の気象・海洋データを収集するスマートブイを開発し、2016年度、宮城県東松島市の漁業関係者と共同でデータ収集実験を行いました。成果として、海上で電池交換無しで1カ月以上の連続運用と、早稲田大学の協力により、定置網サケ漁の漁獲量予測の正答率7割以上を達成しました。今後、分析するデータ量を拡大することで、予測精度をさらに向上させ、漁業の効率化に貢献していきます。

会社概要

社名 KDDI株式会社 (英文名称: KDDI CORPORATION)
創業 1984年6月1日
事業内容 電気通信事業
本社所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
地図
電話番号 03-3347-0077 (本社代表) (有料)
代表取締役社長 髙橋 誠
資本金 141,852百万円
社員数 (注) 35,032人 (連結ベース)

(注) 2017年3月31日現在